編み組織の種類

プレーン編み

もっとも基本的な編み組織で、編み目が連続してならび、編み始めと編み終わりのどちらからでも解けます。
特徴としては、透明感があり美しい反面、流れやすい組織になっています。

交編

サポート糸とナイロン糸を一段ごとに交互に編んでいく技法。
通常のサポートストッキングは、この編み方で作られています。

ゾッキ

サポート糸だけで編まれたストッキング生地のことです。
耐久性・伸縮性に優れ、サポート糸とナイロン糸の交編生地にみられる編み目の横シマやヨレがありません。

ノンラン編

縦のループとループが絡まってできる編み目で、一般に「メッシュ」編み(「鹿の子」編み)と呼ばれています。
透明感が低くなり、少し生地厚に感じますが、流れにくく(ここがノンランたる由縁です)丈夫で、伸縮性が強調される組織です。